読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

時の流れ

いつの間にか時は流れた。

過去の思い出を心に残して。

大切に思えた人達も、新しい出会とともに消えていった。

永遠に続くと思えていた時は、限りあるものだと気が付いて

まぶしく輝いていた情景は、モノトーンの色彩を伴って少しずつ霞がかかっている。

楽しかった時も、懸命に生きた時も、涙を流した時も、いつか記憶の隅に

でも決して忘れたりはしない。

雲が流れている。

あの頃の雲がどんな形だったか忘れたけれど、なぜか懐かしい。

眩しい光に満たされていた暑い夏、風が木枯らしとともに悲しみを連れてきた秋、銀色に輝いてワクワクさせてくれた雪の降る冬、花の香を伴って新緑の緑に新しい希望をくれた春。

いくつもの季節を繰り返し過ごしてきた。

いつもいつの時も精一杯生きてきた。

悩み悩んで涙を流した時も

満面の笑顔で笑いあった時も

振り上げたこぶしを振り下ろす場所が無く壁を血で染めた時も

全て幻になったけど、

今は楽しい思い出しか残らない。

 

聞こえてくる 頬をなでる風の音

心の中で

笑顔が浮かぶ